大人にきびとホルモン剤の効果についての情報を纏めていくサイト

当サイトは大人にきびとホルモン剤の効果についての情報を纏めていくサイトとなっています。

ホルモン剤が効果的だといわれている大人にきびについて

ホルモン剤というと「婦人科系の疾患」に対するアプローチというイメージがあることと思います。実際の治療においても婦人科で使用されることが多いのは確かですが、そればかりではありません。たとえば「大人にきび」です。大人にきびの原因を根本から改善させることが出来るのです。

今回はそんなにきびとホルモン剤について考えていきましょう。

ホルモン剤が効果的だといわれている大人にきびについて

■改めてににきびの原因を知ろう
にきびが出来てしまうイメージとして「皮脂量が多いから」というものがあるかもしれません。その要素も考えられるものの、多くの原因は「ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが過剰な状態が続く」ということによって起こってしまうのです。

文献→ホルモン剤の個人輸入代行、販売・通販『TOP』 http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/

だからこそ、ホルモン剤を取り入れることでそのバランスが整い、にきびを改善させることができるというわです。

■男性ホルモンとにきびについて
女性ホルモンは男性の体内にも存在していますしその逆も然りです。ホルモンのバランスが崩れてしまい、男性ホルモンが過剰な状態になってしまうと、大人にきびと呼ばれる症状が出てしまうのです。男性ホルモンの特性として、角化細胞を増殖させて肌の柔らかさを失わせてしまい、角栓によってケアなのつまりを起こしてしまうというものがあります。

このことから、にきびの初期段階である「閉鎖面皰」というものを作り出してしまうのです。さらには、皮脂の過剰な分泌を促進させる性質もありますので、皮脂詰まりからのにきびを呼び起こす要因ともなってしまうのです。

■ホルモン剤での治療について
ホルモン剤には、男性ホルモンの働きを抑えるという効果が期待できます。このことから、体外からホルモン剤を投与することによって男性ホルモンの働きを抑えることができるということになります。具体的にいえば、女性ホルモンと同じような働きをする「擬似ホルモン剤」というものを投与したり、避妊薬として知られている「ピル」と呼ばれるものを取り入れていくことがにきび改善に有効的な手段となるのです。

■にきびとピルについて
ピルというとやはり避妊目的というイメージが強いことから意外だと思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、このピルというものはもともと「エストロゲン」というものを含んだ女性ホルモン剤なのです。ですので、男性ホルモンの働きを抑制し、バランスを整えてくれるという事もいえるのです。

こうした方法によって女性ホルモン優位の状態へと導くことが可能となるのです。

■類似ホルモン剤・ピルの具体的薬とは
先に触れた「類似ホルモン剤」についてですが、具体的な成分はイソフラボンやエストロゲンなどが有名でしょう。グリコシド型とアグリコン型という2つの分子構造があるのが特徴となっています。また、ピルですが、ホルモン治療用のイソトレチノインやダイアン35などがにきび治療に用いられる有名な薬剤名となっています。

■ホルモン剤でアプローチをしたい方へ
こうして、ホルモン剤を用いてにきび改善をしたいという方は個人輸入などの方法もありますが、安全性という事を考えるとやはり病院を受診していただくことが良いでしょう。個々の症状にあわせた適切なホルモン療法を受けることができるでしょう。

■にきびで悩んでいる方へ
にきびは皮膚の炎症症状の1つです。人によっては痛みをともなったりと大きな影響を与える場合もあるかと思いますので、市販薬などでも改善が見られない場合にはホルモン剤を取り入れてみるのも良いかもしれません。