大人にきびとホルモン剤の効果についての情報を纏めていくサイト

当サイトは大人にきびとホルモン剤の効果についての情報を纏めていくサイトとなっています。

ホルモン剤外用薬を使ったにきび治療とはどのようなものなのか

time 2016/09/01

ホルモン剤外用薬を使ったにきび治療とはどのようなものなのか

にきびというと症状を軽視してしまいがちではありますが、皮膚が炎症をおこした状態ですので、放置しておくと痛みなどを感じることもあるでしょう。

そんなにきびの治療方法の1つとして「ホルモン剤」を取り入れたものがあるのですが、中でも今回は外用薬を使用したスタンスについて見ていきましょう。

外用薬タイプのホルモン治療

外用薬タイプのホルモン剤を使いにきびの改善を目指す方法を「局所ホルモン治療」と呼びます。もう少し掘り下げていくと、女性ホルモンを含んだ軟膏を使い、にきびが発症している箇所を重点的に治療をするというものになります。

より高い効果を目指すために

外用薬のみで改善を目指すこともありますが、状態によっては内服薬と同時に外用薬を併用するということもあります。そうすることによって、より高い効果や即効性を期待することが出来るのです。

皮膚科での治療が前提

ホルモンバランスを整えにきびを治療するという事が目的になりますので、市販のお薬ではこうした治療は難しいでしょう。もし、受け手みたいという方は必ず皮膚科を受診し、医師の指示のもとに進めていくようにしましょう。

安心できる医師を探すのもよい

中には、ホルモン治療を得意としている医師・病院も存在しています。ホルモン剤を使うことに不安があるなどという場合は、そうした医師のいる病院を探し受診するとよいでしょう。

ほぼリスクを感じずに安心できる環境で治療を行うことが出来るでしょう。

ニキビに対するアプローチ

今回は局所ホルモン治療について見ていきました。にきびにおいてはさまざまな治療方法がありますが、即効性があるという事は「にきび跡にもなりにくい」ということがいえるかと思います。

また、根本治療としても有効的なことなのです。