大人にきびとホルモン剤の効果についての情報を纏めていくサイト

当サイトは大人にきびとホルモン剤の効果についての情報を纏めていくサイトとなっています。

男性ホルモンが優位になってしまう原因とはどのようなものなのか

time 2016/09/21

男性ホルモンが優位になってしまう原因とはどのようなものなのか

大人にきびで悩んでいるという方も多くいらっしゃることでしょう。ストレスやもともとの体質などとその要因はいくつか考えられるのですが、大きな原因としていわれているのが「男性ホルモンが優位になっているから」というものがあるのです。

だからこそ、ホルモン療法が効果的であるといわれているのです。ではなぜ、男性ホルモンが優位な状態になってしまうのでしょうか。

なぜ優位な状態になってしまうのか

男性・女性かかわらずに男性ホルモン・女性ホルモンは体内に存在しています。ですから、男性ホルモンが優位に働くことでにきびが出来てしまう可能性は全員にあるということがいえるでしょう。

なぜ男性ホルモンが優位に働いてしまうのかという部分についてですが、不規則な生活・ストレスという事が言われています。

ストレスとホルモン

ストレスをうけると、自律神経の1つ「交感神経」が優位な状態になります。これは、身体の緊張や興奮を促すことにつながります。

そして、この交感神経は男性ホルモンの分泌を促すのです。その状態が続くことで男性ホルモンが優位となりにきびの原因となってしまうのです。

女性ホルモンでの治療

特に「Uゾーン」といわれる部分に出来る場合は男性ホルモンが優位の状態ともいわれているのですが、対処法としては「女性ホルモン剤」を使った治療が効果的です。

内服薬が有名ではありますが、外用薬も存在していますので双方を使うことによって炎症症状が進んだにきびに対してもしっかりとアプローチすることができるでしょう。

仕組みを知ると治療もしやすい

今回は、なぜ男性ホルモンが優位になってしまうのかという部分とホルモン剤を使った治療について見ていきました。仕組みを知っておくことによって納得した治療をすすめることができるでしょう。